障害基礎年金はうつ病や精神障害を持つ人も受給資格が認められています

サイトメニュー

お金とぬいぐるみ

申請方法を調べよう

うつ病になっても悲観することはありません。収入面が気になるのなら、障害者年金うつ病の申請をすればいいのです。この仕組みについて調べてみましょう。当事者ではなく身内などが代理で申請することもできるのでおすすめです。
女性

生活のサポート

うつ病の病状が重いと判断されれば、障害者年金うつ病の申請をすることができます。症状が長引いている場合には、遡及請求が認められるケースがあります。公的な書類ということもあり、診断書の作成にはお金がかかります。
女性

症状が重い時は受給できる

うつ病の症状が重く、長期の入院が必要だったり、日常生活や就労に支障が出ている人が少なくありません。障害者年金うつ病は、日本年金機構の定めている基準を満たしていると、受給することが出来ます。まずは病院や法律事務所で相談して下さい。

精神障害者も対象に

カウンセリング

国からの支援

精神的な病も障害基礎年金の受給者の対象となったことで、精神障害者に対しても国からの手厚い支援を受けることができるようになりました。うつ病についても障害者年金うつ病の対象者となっています。ただし、注意しなければならないことは、障害基礎年金の申請の際の審査が厳格化されたという点についてです。まず、はじめて障害基礎年金の申請を行う場合には、いくつか書類を提出しなければなりません。最も重要な書類は、病歴就労状況等申立書と医師の診断書です。この2つの書類が審査の際に重要になってきます。病歴や就労状況を事細かく記載する必要があり、それが審査の際の判断材料となるのです。また、医師の診断書も病状を判断するための重要な書類になるので、医師と相談をした上で綿密に書類を作っていくことが大切です。以前は都道府県によって障害基礎年金の基準がバラバラでしたが、その基準が全国で統一され点数化方式が採用されたことで障害者年金うつ病の認定基準が厳しくなったと言われています。障害基礎年金を申請する際には、近くの年金事務所が窓口になります。その際に年金相談担当者が書類から今までの年金の支払状況まで事細かくチェックを行います。書類に不備がある場合は書き直しを求められる事があるので、しっかりと準備をした上で申請をしましょう。また、年金の支払い状況に問題や不備がある場合には、障害基礎年金の受給資格がないとみなされることがあります。審査の厳密化により受給のハードルが高くなっているので、しっかりと書類を整えることが大切です。

現在うつ病を患っていて仕事に就くことができない場合、もしくは公的な支援を必要とする場合に申請することができるのが障害者年金うつ病です。この制度では、国民年金または厚生年金を過去から現在に至るまできちんと支払っていたかどうかが基準となるため、少しでも支払いが滞っていたりする場合には、申請する資格がないとみなされることがあります。障害基礎年金については、国民年金に関しては2級から、厚生年金に関しては3級から障害年金の受給資格があると認められます。ここで注意しなければならないことは、国民年金と厚生年金では受給資格に差があるということです。厚生年金の場合には、受給額に差はあるとは言え、3級から障害基礎年金が支払われるようになっています。この点、国民年金は2級以上でなければ障害基礎年金が支払われることはありません。しかしながら、3級の場合には国民年金の支払が法定免除の対象となるため、国民年金を支払う必要がなくなるなど、多少の優遇措置を受けることができるようにはなっています。うつ病は精神障害に含まれていて、障害者年金うつ病の受給の対象となっています。病状によって認定基準が変わってくるため、申請を行う際には診断書や就労状況や病状を証明するための書類の提出が必要になります。これらの書類が審査に大きく影響を与えることから、できるだけ事細かにしっかりと書類を作成することが求められるのです。障害基礎年金というのは、うつ病をはじめとする精神病も受給の対象となっており、仕事をしながら受給をすることができます。