障害基礎年金はうつ病や精神障害を持つ人も受給資格が認められています

サイトメニュー

症状が重い時は受給できる

女性

日本年金機構が定めている基準があります

うつ病は誰でも罹る可能性がある、代表的な精神疾患なので、内服薬を続けたり、カウンセリングなどの精神療法を続けている人が増えています。現代は優れた内服薬が開発されているので、社会復帰をしている人が増えています。うつ病は再発しやすい病気なので、通院を続ける必要がありますし、症状が重く日常生活に支障が出ている人もあります。入院が必要で治療が長引くと、経済的な不安を感じている人がほとんどです。障害者年金うつ病は、1級か2級の場合はお金を受給することが出来ます。障害者年金うつ病は、書類を提出すると受給できるのではなく、日本年金機構が定めている基準を満たしている必要があります。障害者年金うつ病の一級は、うつの症状が重く、日常の家事やお金の管理なども難しく、常に人の介助が必要な状態です。1級が一番症状が重く、受給できる金額も高いです。障害者年金は書類審査になるため、医師の診断書や病歴、就労状況申し立て書などの提出が必要です。うつの症状の重さだけでなく、洗面や入浴、食事などに介助が必要だったり、お金の管理が出来るか、バスや電車、銀行などの公共施設が一人で利用できるかなども、審査の対象になります。自分で申請の手続きをするのが難しい場合は、社会保険労務士や弁護士などに相談をしてみると良いでしょう。地元で評判の高い法律事務所を選ぶと、無料相談も行っています。煩雑な手続きが必要なので、自分で行うのは難しいケースがほとんどです。医師の診断書は年金が受給できるか、大変重要なポイントになってきます。

うつ病の症状が重く、日常生活や仕事に支障をきたしている場合は、障害者年金うつ病を受給できる可能性があります。障害者年金うつ病の2級は、日常の洗濯や掃除などはできるけれど、病気の症状が原因で制限を受けている状態です。日常生活や身の周りの衛生は保てるけれど、就労をするのが難しい状態です。障害者年金うつ病は、日本年金機構が定めている基準を満たしていると、受給をすることが出来ます。障害者年金うつ病は、1級から3級までがあります。障害者年金を受給するためには、初診時に厚生年金や国民年金保険に加入をしているのが条件になります。病気の症状が重くても、保険料を支払っていないと受給をすることが出来ないので、注意をして下さい。障害者年金3級は、日常生活は人の介助が必要ではないけれど、就労に制限を受けている状態です。年金の受給はできませんが、障害者手帳を発行してもらうことが出来ます。うつ病は体の病気ではないので、症状によっては治療が長引くこともあります。長期の入院が必要だったり、就労が出来ないと不安を感じている人がほとんどです。障害者年金の受給を希望している人は、病院の窓口で相談をしたり、法律事務所でアドバイスを受けたりすることも大事です。症状の重さによっても、受給できる金額は違ってきますが、経済的な負担を軽くすることが出来ます。精神科のクリニックや病院などで、相談をするのも良いでしょう。信頼できる法律事務所を選ぶと、手続きの代行などを行っているので、安心して依頼できます。初診時に厚生年金や国民年金保険を掛けている人は、受給の対象になります。