障害基礎年金はうつ病や精神障害を持つ人も受給資格が認められています

サイトメニュー

生活のサポート

女性

障害基礎年金が生活の質の向上に役立つ

病院でうつ病と診断されると、障害年金うつ病の受給資格があると判断されるケースが多いです。ただし、障害基礎年金の受給資格があると判断されるためには、所定の手続きを踏んで年金事務所で申請手続きを取らなければならないのです。うつ病や倦怠感、睡眠障害の症状がある場合、障害者年金うつ病の申請をすることを医師から勧められることがあります。申請に際しては、初診証明書、医師による診断書、更には、病歴就労状況等申立書が必要になります。最終的に厚生労働省が障害基礎年金の受給の可否を判断するため、医師による診断書の作成の際には2万円程度の費用がかかることを予め理解しておく必要があるでしょう。その他の書類に関しては殆ど費用はかかりませんが、医師による診断書の作成にはそれなりに費用がかかります。公的な書類ということもあり、厳密さが求められるのです。病歴終了状況等申立書に関しては、自分で作成することになるため費用はかかりません。過去から現在にまで遡って作成すべき書類であるので、精神的に辛い場合には家族に代筆してもらうことも可能です。自分で申立書を作成する場合には、体調や病状の様子を見ながら作成することです。体調が優れない場合には無理に申立書を作成せず、時間を置いて体調の良いときに作成しましょう。障害者年金うつ病の診断書には有効期限があります。医師が診断書を完成させてから3ヶ月有効となるため、その後は速やかに書類を揃えて年金事務所に提出します。それなりに費用がかかるので無駄にしないようにしたいところです。

うつ病というのは人によって症状が異なります。比較的早く寛解に向かう人もいれば、長くも症状を患うというケースも少なくない病気です。うつ病の症状があるために思うように働くことができない場合、生活を金銭的に支援する制度が障害者年金うつ病です。この年金制度の特徴は、障害基礎年金の受給資格があると認められれば、年金が支給されるという点にあります。うつ病のために働くことができない場合には、生活の支援になるので、生活の質を向上することに役立ちます。また、うつ病を患い、治療を受けながら働いている場合においても障害者年金うつ病は受給することが可能です。精神的な苦痛を金銭で和らげることを目的としていて、病気の治療費の金銭的なサポートとしても利用することができるのです。この年金制度で特筆すべき点は、遡及請求が可能であることです。遡及請求が認められることにより、過去にさかのぼって障害基礎年金が支給されるため、認められればかなりの金額の年金を支給されることになります。そのため、生活や今までの精神的な苦痛を和らげることができます。過去よりも更に病状が深刻な場合は、遡及請求に加えて現在の年金も併せて支給が認められることになるのです。うつ病は個人によって症状が大きく異なるため、できれば医師のカウンセリングを受けながら、必要書類を準備して行くことが救済に繋がります。また、うつ病が寛解し、障害基礎年金の支給を受けなくても生活できるまでになれば、支給を停止することができます。制度をよく理解して利用しましょう。